謎に満ちた死の真相追う >>


X、LOUDNESS、Cloud Nineなど、数々のバンドで活躍した稀代のベーシスト TAIJI -沢田泰司-。
4回目の命日となる2015年7月17日
彼の婚約者だった赤塚友美氏の著書『TAIJI-沢田泰司-』が発売日を迎えた。

巷間、サイパンの拘置所内での「首つり自殺」と伝えられているTAIJIの死の真相が、実はまったく別の所にあることは、ほとんど知られていない。

不可解にも「首つり」痕のまったくなかった本人の遺体。
その矛盾点について説明できない現地の病院。
赤の他人の連絡先が記載された死亡事故報告書。
拘置所内での自殺について「ありえない」と語った現地の捜査担当者――。

なぜ、TAIJIの死を巡る状況はこれほどまでに謎めいているのか。
著者はこれらの謎と4年にわたり向き合い、サイパンにも足を運びつつ調査を続け、TAIJIの死の背後に横たわる「行政と法の闇」を浮かび上がらせている。

本書にはまた、TAIJIが18年ぶりにXJAPANと共演(2010年)した際のエピソードなどもまとめられており、彼の音楽界における足跡も改めて振り返ることができる。

(BARKSより引用)




TAIJI、稀代のベーシスト、その生き様を書籍で振り返る >>


2011年7月17日に逝去した彼への賛辞は衰えることはない。
今回、その TAIJIのベースシトとしての足跡、生き様、そして死について、TAIJIの婚約者であった赤塚友美氏が著者となり、命日に書籍を刊行する。

TAIJIに寄り添い、その素の姿を知る友美さんが、TAIJIの意外な素顔、病との戦いとなった日々の暮らしぶりなど、TAIJIの知られざる真実に迫っている。
また、TAIJIの音楽界での足跡もまとめられ、私生活と同様、何度も挫折を繰り返しながらも、絶対に音楽をあきらめない彼の姿が描かれている。

最期までベーシスト、そしてミュージシャンであり続けた TAIJI。
これはTAIJIがひとりの人間として生きた証しである。
私的エピソードやプライベートフォトも掲載されるこの書籍を通じて、偉大なベーシスト・TAIJIの足跡を再度確認し、TAIJIに想いを馳せて欲しい。



 「TAIJI -沢田泰司-」

 発  売: 2015/7/17
 著者名: 赤塚友美
 発行: 宝島社

宝島CHANNEL
 



「命日が発売日となります。暖かい作品になる事を願って作成しています。」

「第1章の中で、不審死の真相究明についてまとめました。
当局、病院、FBI…情報開示の結果に基づき問題提起しています。
心から悼む為に…事実を知ってほしい、
そしてどうしていけるのかを共に考えてほしいと思っています。」

(著者twitterより)@Tomomi_Red


 





 TAIJI - 沢田泰司 2011 Suspicious death in Saipan


  English >


TAIJI, who debuted as a bassist for X and actively performed in many bands, died in Saipan on July 17, 2011.
His obituary was reported in Japan, inviting the sorrow of many fans.


Since then, however, an inexplicable situation with regard to the details and circumstances of the incident, including the cause of his death, has become apparent.
TAIJI was arrested, kept in custody, and then taken to a hospital from the detention center after he was found unconscious there.
Local media first reported that TAIJI “committed an act of self-injury and was taken to an ICU.”
The next day, however, the report changed to an announcement that TAIJI had “attempted to commit suicide by hanging himself.”
Nevertheless, both the Saipan police and the FBI have not made any official announcements at all about the details of the incident. Furthermore, it became apparent from the death report that an autopsy had not been conducted.


This information was transmitted for the first time to TAIJI’s family and the Japanese public on the 15th of July four days after the incident.
What happened during these four days?
Later, it was learned that the corpse became bloated and decomposed due to the air pressure in the aircraft, and an autopsy, therefore, had not been conducted.


What was on TAIJI’s mind, and what had he tried to convey after the incident?
Even this question remains unanswered under the current circumstances.
In addition to these developments after the incident, there are international issues involved here, including whether legal proceedings were properly conducted in Saipan, why the incident has not been publicized at all, and whether the corpse has been properly treated.


Ms. Akatsuka, TAIJI’s common-law wife, who wants to clarify the facts for TAIJI’s memorial services, has flown to Saipan by herself ever since the incident occurred.
She has also been collecting individual records at the time from various institutions in Saipan and continues to conduct activities toward clarifying the facts.
She received a reply from the hospital where TAIJI was receiving life-saving treatment.
They said that they lost his clinical records.


On the 4th anniversary of TAIJI's death on July 17, 2015, Ms. Tomomi Akatsuka published her book titled "TAIJI - TAIJI SAWADA" (by TAKARAJIMASHA,Inc.).
She commented "I will continue to raise his issues. It's not only to protect TAIJI's dignity but to prevent similar incidents from being repeated in the future international society.



  日本語 >


日本が誇るロック・ミュージシャン TAIJI(沢田泰司)。
2011年7月17日、サイパンで死去。日本でもその訃報が報道され、多くのファンの悲しみを誘った。
しかしその後、事件の詳細や経緯、その死因に至るまで不可解な状況が明らかとなる。

TAIJIは逮捕、拘留され、拘置所から意識不明となって病院に運ばれ、その情報が日本国内に初めて伝えられたのは、事件発生から 4日後の 7月15日であった。
現地での最初の報道は「自傷行為を行い ICUに運ばれた」というものだった。
しかし翌日には「首吊自殺をはかった」との発表に変わり、サイパン警察、FBI共に、事件の詳細に関する公式な発表を一切していない。
さらに死亡報告書から検死されていないことが判明する。
後日、遺体は飛行機の空気圧で膨張・腐敗し、死体解剖が出来ていないことが判明する。

現地での法的手続は正しく行われたのか
事件を一切公表しないのはなぜなのか
遺体の処理は正しく行われたのか・・・

TAIJI追悼のためにも事実を明らかにしたい内縁の妻、赤塚友美は事件発生以来、単身で現地に飛び 様々な機関から当時の記録を一つ一つ収集し、事実の解明に向けて活動。 TAIJIの延命治療を行った病院からは、カルテが紛失したという回答が届く。

2015年7月17日、4度目の命日に、著書「TAIJI -沢田泰司-」(宝島社)を発刊。
事件について、違法も含めた問題点と諸機関の対応は、 TAIJIの尊厳を守る為、未来の国際社会で同じ轍を踏まない為にも、問題提起を続けていきたいとコメントしている。






 CONTACT

  Name :


  E-mail:


  Tel :


  To :
      tamd事務局
      Tomomi Akatsuka


  Message
   








TAIJI The Voiceless Truth